北総鉄道 会社創立40周年「ほくそう春まつり」ヘッドマーク付7500形と9000形 ~3月11日の撮影~

 2012-03-23

この日は、タイトルにある「ほくそう春まつり」HM付きを2編成撮ることができました。
最初の写真は、7503Fです。
7500形は3編成ありますが、7501Fと7502FはLED表示がフルカラーになりました。
原形の3色LED車は写真の7503Fのみです。
HMと3色LEDの組み合わせは今年が最後なのかな・・・??



続いて9000形です。
2010年には、写真の9018Fを使用した臨時列車「ほくそう春まつり号」が
京成上野-京成高砂-千葉ニュータウン中央間で運転されたそうです。
今年の臨時列車は9100形らしいですね。



最後の写真は、広角レンズで通過するスカイライナーを撮ってみました。
逆光なのですが、個人的には気に入っております^^



最後までご覧戴きありがとうございました。

鉄道ブログにランキング参加しています。
今回の内容が、良かったなと思われた方は
下記バナーをクリックしてやってください。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ :
コメント
年度末に忙殺されて、この件すっかり忘れていました。
今年も撮りにいけないなぁ。
毎年いつ頃から始まるのでしょうか?
オレンジLEDとのコラボは、おっしゃるとおり今年がラストでしょうね。
京成も3025だけになりました。
9000形も危ないかもしれませんね。
【2012/03/24 23:06】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
コメントありがとうございます。

今年の初撮影は3/3でした。3月にはいればHMつけるのでしょうかね。
9000形のモーター音は迫力あって楽しいです。いつまでも頑張ってもらいたいですね。
【2012/03/25 19:40】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
7000形が引退し、そろそろ危険ゾーンのような気がします。
7808Fのような形になるのか?またまた3300形がリースされるのか?それとも7504Fなのか?気になるところであります。
【2012/03/25 21:46】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
レスありがとうございます。
返信遅くなってすみませんでした。

3300リースが一番良いかもですね。お客さんには不満でしょうが・・・。
【2012/03/29 22:33】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
車両もそうですが、今一番の不満はダイヤでしょう。
スカイライナーとアクセス特急優先で、普通、快速が無駄な長時間停車を強いられています。
特に高砂で北総線普通の5分以上停車、小岩で快速の3分停車は腑に落ちないところです。
ハードウェア面の更新も大事ですが、ソフトウェア面で乗りやすいダイヤにして欲しいですね。
またシティライナーは1日2往復と中途半端になりました。あれじゃ誰も乗りません。本当に停車駅を増やして安くするか、成田空港へ乗り入れなくなったんだから昔のスジで走るとか、一度は工夫して挑戦して欲しいものです。何の手も打たず減便のみって一番やっちゃいけないことではないでしょうか?
やはり成田・佐倉・八千代台(特急と接続)・青砥・日暮里・上野停車で、上野~成田は50分台前半ぐらいでしょうか?
千葉線は、夕方6連を増やして欲しいです。
【2012/03/30 22:56】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
レスありがとうございます。

私鉄で途中駅からバイパス用線を所有するのっていうのも非常に珍しいですよね・・・。
だから余計に運用が難しいのでしょうね。これからが正念場かもしれませんね。
【2012/03/31 19:07】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]
誤乗防止のため色まで変えていますからね。
成田空港~羽田空港直通運転を開始した頃は、京急車・都営車の上野運用がありましたが、誤乗が多くて廃止されましたからね。
ただどうなのでしょう?京成車の北総線運用もありますから、案内をしっかりやれば大丈夫かな?と想ったりもします。
次のダイヤ改正が正念場だと想います。
【2012/03/31 22:43】 | みや #1TxvL9kQ | [edit]
みや様
レスありがとうございます。

やはり次回のダイヤ改正ですね。注目していきたいです。
【2012/04/01 20:46】 | やっぱり鉄道 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yapparitrain.blog.fc2.com/tb.php/1519-025a7515

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫