fc2ブログ

撮り鉄になりたい親父

40過ぎて鉄復活となり、来年で60となりますが、なんとか鉄活動継続中です^^

東武東上線小川町でツートンカラーを ~12月13日の撮影~

前々回からの続きです。
リス丸様とご一緒に、越生から八高線沿いに北上し、小川町まで移動しました。
12月半ばですと、夕暮れがかなり早いので、沿線では撮らず、駅で撮ることにしました。

ホームで待つこと20分ほどでしょうか・・・ツートンカラーの8000系更新車がやってきました。
ホームに着くといろいろな方が撮影されてました^^

ホームで出発までの間、休んでいる81107Fです。



おでこが西日で照らされていました^^
貫通扉にはワイパーが装備されてました。



最後の写真は、待ってる間に撮った10030系です。
今度はこんな感じの時間帯で撮りたいですね^^


リス丸様には、小川町までお車に乗せていただきました。ありがとうございました。

最後までご覧戴きありがとうございました。

鉄道ブログにランキング参加しています。
今回の内容が、良かったなと思われた方は
下記バナーをクリックしてやってください。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村

鉄道コム

スポンサーサイト



コメント

貫通扉のワイパーには、気がつきませんでした
小さくてとても可愛らしいですね!
今後、私も注目したいポイントだなと思いました

この日は、お誘いいただきまして、どうもありがとうございました
セイジクリームにツートンカラーと、貴重な車両たちに会えて本当に良かったですね ☆ お陰様で、鉄分満載で大満足の一日でした

こんばんは。
リンクの掲載、ありがとうございました。
遅くなりましたが、当方も掲載させて頂きましたので、お暇がございましたらご確認頂ければ幸いです。

復刻デザインが流行っているようで、各地の路線で、過去のカラーに戻された車両が走っていますが、(先日と同じような書き方になってしまいますが)国鉄的で硬い印象の強い東武鉄道まで・・・と思ってしまいました。
それでも、沿線で過去から見てきた方には懐かしいものなのでしょうね。
私も久しぶりに、東上線の終点近くで列車を眺めてみたくなりました。

今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

やっぱり鉄道様の写真を拝見していると、自分も撮りに行きたくなるものが多いですね。
腕を磨かねば!

リス丸様
コメントありがとうございます。

亀戸線も確かそうだったのですが、ワンマン運転の車には貫通扉のワイパー付いてるみたいですね^^
野田線では一度も見たことないです。

いえいえ、こちらこそ、車に載せて頂き無事にツートンを撮ることが出来ました^^
今度走行写真行きましょう!


風旅記様
コメントありがとうございます。

リンク先確認させていただきました。ありがとうございました。
東上線自体は、最近の訪問がほぼお初状態だったので、未だにどこでも新鮮に感じます^^

最近はブログの更新回数が少なくなりましたが、細々と続けて行きたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

みや様
コメントありがとうございます。

まだまだ撮りたいものがありますよね^^
来年はいろいろとチャレンジしてみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://yapparitrain.blog.fc2.com/tb.php/2234-97344bc1

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

やっぱり鉄道

Author:やっぱり鉄道
特定ジャンルはありませんが、
鉄一般大好きです。
駅撮りが多いですが、
皆様に鉄を楽しんでもらえたらなと思います。

Instagram始めました。ユーザーネームは「yapparitrain」です。よかったらご覧ください。

カテゴリーは、撮影路線別となっております。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん