fc2ブログ

撮り鉄になりたい親父

40過ぎて鉄復活となり、来年で60となりますが、なんとか鉄活動継続中です^^

第6回 かんとうみんてつモバイルスタンプラリー その32 湘南台駅

次のスタンプラリーの駅は、相模鉄道「湘南台」駅です(訪問日:12月4日)。

最初の写真は「湘南台」駅の駅標です。


ここ「湘南台」駅のコンコースには「そうにゃんだい」駅の駅標もありました^^
訪問時は12月に入ってすぐでしたので、クリスマスカラーになっていました。


最後の写真は8000系の快速横浜行きです。今度は走行写真を撮ってみたいです。


最後までご覧戴きありがとうございました。

鉄道ブログにランキング参加しています。
今回の内容が、良かったなと思われた方は
下記バナーをクリックしてやってください。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ
にほんブログ村

鉄道コム
スポンサーサイト



コメント

江ノ電の後行かれたのでしょうか?
まだ湘南台(相模鉄道)は行ったことがなく、新鮮でした。

みや様
コメントありがとうございます

スタンプラリーは、記事順で訪れていますので、湘南台の次に極楽寺を訪れました^^

先程午後というのを確認しました。

まだいずみ野線は未乗です。
JR、東急乗り入れの工事が遅れているようですね。そちらも完成が楽しみですが、副都心線などはダイヤが乱れたらもうどうなっちゃうんでしょうね?

みや様
レスありがとうございます

相互乗り入れは、便利な反面、乱れるととことん…ですよね。
上野東京ラインも便利と言えば便利ですが、東京駅が途中駅になってしまうところは、正直びっくりです。

今まで東京駅から始発で着席していた人には改悪ですね。

みや様
レスありがとうございます

直通運転もいいですが、始発も残してもらいたかったですね…座りたいのならGかライナー乗ってくれですかね…

ダイヤ混乱時の対策にもなりますね。
1時間に1~2本は東京返しでもいいと思います。

着席=有料 という方向に振ってますかね?

みや様
レスありがとうございます

その方程式があまりにも見え見えで問題だと思います。
常磐線もG導入で10両編成の時の混み具合は、痺れますよね(´;ω;`)

今日湘南新宿ラインに乗りましたが、赤羽10時台新宿方向10連で、ドアがすぐ閉まらないぐらいのギューギュー詰めで、王子~池袋はノロノロ運転で本当に乗っていて苦痛でした。
本当に上野・東京ラインの籠原・小金井~小田原、総武快速~横須賀線の逗子まで、湘南新宿ライン(籠原・小金井~逗子・小田原)は1日中15連で運転して欲しいと思います。

みや様
レスありがとうございます

折角、電気連結器も装備してるのだから、付属編成の増結を混んでる区間だけでも併結してもらいたいですね。

仰るとおりですね。
付属編成を連結する区間が長すぎるのも、直通運転の問題点かもしれませんね。大宮~大船ぐらいでもいいかもしれませんね。
あと勝手なことを書きますが、終日15両編成にして、日中はグリーン車の他に、座席指定券なんてどうでしょうね?2両でいいかな?勿論列車指定です。

みや様
レスありがとうございます

着席に対する値段の設定によると思いますが、TJライナーや京急ウイングみたいなのがあるといいかもですね^^プラス300なら乗っちゃいますね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://yapparitrain.blog.fc2.com/tb.php/2663-758f74e5

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

やっぱり鉄道

Author:やっぱり鉄道
特定ジャンルはありませんが、
鉄一般大好きです。
駅撮りが多いですが、
皆様に鉄を楽しんでもらえたらなと思います。

Instagram始めました。ユーザーネームは「yapparitrain」です。よかったらご覧ください。

カテゴリーは、撮影路線別となっております。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Template by たけやん